辻出紀子写真展 -旅のあしあと- www.tsujidenoriko.jp
TSUJIDE Noriko Photo Exhibition
開催スケジュール
開催までの流れ
辻出紀子について
作品紹介
賛同メッセージ
家族からのメッセージ
これまでの写真展
パブリシティ
リンク
トップページ

Powerd by d4k

東京展 伊勢展
1998年(平成10年)11月24日、三重県伊勢市内で地域雑誌『伊勢志摩』(現『伊勢人』)の編集記者、辻出紀子さんが行方不明になりました。

警察は、彼女に自分の意志で失踪することがないことなどから、何かの事件に巻き込まれたとみて捜査をつづけています。しかし、ご両親や友人たちによる必死の情報提供の呼びかけもむなしく、何の手がかりもありません。

カメラと旅を愛した彼女の部屋には、学生時代にアジアで撮影した、1000枚を超す写真が残されていました。内戦が続いていたミャンマー(ビルマ)の辺境部でとらえた貴重な写真もあります。彼女は、ファインダー越しにさまざまな人たちと向き合い、人間的に成長したいと願っていました。

今年の春、私たちはこれらの写真を集め、三重県津市と彼女が学生時代を過ごした京都で「辻出紀子写真展 -旅のあしあと-」を開催しました。事件の風化を防ぎ、彼女の人柄を多くの人々に伝えることで、少しでも解決の糸口をつくりたいと考えたからです。2会場でのべ2800人もの方々が足を運んでくださいました。

そして、11月に行方不明になって3年を迎えるにあたり、さらに多くの人がご覧になり、事件に関心を持っていただきたいとの願いから、東京と伊勢で写真展を開催することになりました。

私たちは行方不明の捜査が、このままうやむやになることに焦燥を感じています。この写真展によって、行き詰まる警察の捜査をほんの少しでも後押しできればと願っています。


2001年10月1日
辻出紀子写真展実行委員会

事件概要

辻出紀子さん(つじで・のりこ:1974年11月3日生)は、1998年(平成10年)11月24日、午後11時ごろ、勤務先の三重県伊勢市神田久志本町の出版社「伊勢文化舎」を出た後、行方がわからなくなりました。翌日、会社近くの損保会社の駐車場でマイカーが見つかりましたが、そこに所持品などは残されていませんでした。

三重県警は、紀子さんに自分から消息を断つ理由がないことや現場の状況から、事件に巻き込まれた可能性が強いとみて捜査を続けています。家族や友人らもチラシを配るなどして情報提供を求めています。しかし、3年になろうとしている現在でも何の消息もつかめていません。

これまでの捜査で、紀子さんは、消息が途絶えた日の午後11時過ぎ、取材で顔見知りの30代の男性に呼び出されていたことがわかりました。

捜査関係者によると、男性は事情聴取に「取材に関するやり取りで行き違いがあり、直接謝りたかったので呼び出した」「損保会社の駐車場で落ち合い、自分の車に乗せて1〜2時間話をした」「その後駐車場から少し離れた県道沿いで降ろした」「別れてからの彼女の行動は何も知らない」と供述しました。目撃者や物証が見つからず、その後捜査は進展していませんが、県警は男性にアリバイがないことなどから、その日の男性の行動に関心を寄せています。


実行委員会について

紀子さんの大学時代の友人、知人ら6人が中心メンバーです。

写真展開催にあたってご家族を支援するため、今年1月に立ち上げました。6人はいずれも紀子さんと同じ立命館大学出身。代表の田口ら3人は、紀子さんが所属した同大学写真研究会のOB、OGです。
取材について

このホームページ・写真展に関するお問い合わせは、実行委員会宛にお願いします。メールにご連絡下さい。

その際、問い合わせ内容とともに、ご連絡先(メールアドレス、電話番号など)やご担当者名を明記してください。

なお、実行委員会メンバー、ご家族ともに日常は仕事をしていることもあり、すぐにお返事さしあげることができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
Copyright (c) 2001 TSUJIDE Noriko PHOTO EXHIBITION.All rights reserved.
お問い合わせ/ホームページについて: webmaster@tsujidenoriko.jp
取材、写真展について: koho@tsujidenoriko.jp